アンチエイジングは止められない!

老化を防ぐためにアンチエイジングに励むブログ

一気に老けてしまう

肌のしみ取りにオキシドールを使うなどという話を耳にしたことがありますが、本来のオキシドールの用途は傷を消毒するものであり、健康である肌に使用するのは大きなストレスになりそうです。オキシドールを活用し、ヘアブリーチを試された方もいるようですけど、あっという間に髪を傷めてしまいます。どう考えても、肌にや指しいとは思えません。肌年齢は実際年齢と同じだとは限りません。気をつけないでいると一気に老けてしまうので注意が必要です。

年齢以上に肌を衰えさせる要因、その最たるもの紫外線でしょう。しわの発生を抑えるためにサンスクリーン剤や紫外線ケアグッズなどで紫外線に当たる時間を極力減らすことが大切です。もし日焼けしてしまったときは冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたアト、日焼け後専用のエマルジョンなどでしっかり保湿し、シミ・そばかす・シワの要因を残さないようにケアしましょう。劣化するスキを残さないことがエイジングケアのポイントです。シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。どうしてシワができるのかというと、最大の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)と言えるのは「乾燥」です。

水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、皮膚表面のシワが増えて行く事になります。目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。そのためここは皮膚が乾燥すると、その影響をすぐに受けしまい、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲンやヒアルロン酸が減って行く事になり、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。

最近、幅広い世代の人と会う機会が増えて気づいたことがあります。

肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうが小皺ができるのが遅いということです。

だからといって油断しているとすぐ、目尻や口周りなどにシワが出るので気をつけなくてはいけないでしょう。

私はサロン勤務の姉に勧められて肌質を選ばないというので炭酸パックを初めました。

肌の柔らかさが気のせいじゃないと思えるようになった頃から急に、古いベールが一枚落ちたような感じで肌がきれいになり、目尻や法令線が気にならなくなりました。

パックと肌質が合っていたのかもしれませんが、肌の復元力が増すのとアンチエイジングは関連性が高いと思います。シミ、そばかすなどの肌の老化トラブルを出来るだけ薄くしたいと思い、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液を使うようにしています。

顔を洗って余分なメイクや汚れを落とした後、美容液を指先にのせて、トントンとパッティングするようになじませます。

一ヶ月ほど続けたところシミやそばかすが、少し目立たなくなったのが実感できて、嬉しくて、喜び(人に与えることができると、自分に返ってくるともいわれています)の気持ちでいっぱいです。

シミは、ご自宅でおこなうスキンケアでもある程度の改善が期待できます。しかし、シミを全く無かったかのように消してしまうことは非常に大変でしょう。

しかし、全く希望が無いりゆうではありません。費用はかかりますが、美容外科を利用すれば奇麗に消すことが出来ます。シミの改善に悩んでいたら、ためしに相談に行ってみる事をお勧めします。多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けています。思い立ったときにすぐできるアンチエイジング対策として、パックをして潤いを補ってあげるといいですね。就寝前におこなうと肌が休まるので緊張がとれ、ゆったり眠れるようになります。

いま話題のヨーグルトパックはコスパも良いのでおすすめです。ヨーグルトの上の透明な液(ホエー)だけでも良いのですが渇くと突っ張るので、ヨーグルトを丸ごと使います。肌に塗って石鹸や洗顔料を使わずに水かぬるま湯ですすぎます。スキンコンディショナー的な効果があるのでガンコな部分乾燥や混合肌の悩みを解決し、シワ・くすみに集中的にアプローチしてくれます。腸を整えると肌の調子も良くなるので、余ったヨーグルトは新しいうちに食べてしまいましょう。肌のシミが目たち、取り除きたい場合に有効なのは、皮膚科や美容形成外科でおこなうレーザーやピーリングなどの専門技術による治療です。

これらの施術をおこなう上でのメリットとしては見るからに効き目が分かり、施術を行ったその日にシミが消えるのを確認できる事になります。

自分でシミを消したい場合は、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにある市販のシミ治療薬で内服治療するか、メラニン色素を抑える成分ハイドロキノンが配合された美白化粧品などがシミケアには有効です。

しわとりテープは顔のしわを隠して若々しい雰囲気にするので、テレビの中でコスメ系芸能人が魔法の効果を紹介して、私も驚きました。使っているときは見事な引き締め効果ですが、あまり長い時間使っているとただでさえシワのある部分の肌は薄いので、使用後の赤みやかゆみを伴う湿疹が?!なんてこともあって、メイクに支障が出ることもあるようです。強烈な効果があるものはリスクもあると考え、依存しすぎないことが大切かもしれません。洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、お肌の汚れがとれて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。重曹はどれくらい精製してあるかによって、薬品用や食用のものから、掃除用のものまであります。もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、ごしごし洗うことは避けてちょーだい。洗顔した後は、化粧水などでしっかりお肌を整え、充分な保湿を心掛けることが大切です。