アンチエイジングは止められない!

老化を防ぐためにアンチエイジングに励むブログ

スキンケアは保湿を念入りにする

多くの女性が抱えるお肌の悩みが「シミ」です。

シミの主な原因として言われているのが、日焼けなどの刺激が加わって赤みを帯びた箇所が変色してしまい、色素沈着してしまった結果です。

日焼けによる赤みだけでなく、ニキビ跡の赤みも意外かもしれませんが、シミの原因になるんです。「ちょっとそこまでだから何もしなくていいかな」と思わず、きちんとUV対策をすること、保湿を念入りにするなどスキンケアに取り組むと、シミ対策に繋がります。
リフトマキシマイザー

食べたものが肌を作っていくので、毎日の食事やサプリメントなどで健康な肌つくりには欠かせないビタミンCを摂取することも有効なシミ対策です。念入りにお肌の手入れやUV対策もしていたのに頬に目たつシミができてしまうってことありますよね。頑張った甲斐がないなぁと思われた方も多いことでしょう。そんなシミ退治をするにはレモンやイチゴに多く含まれるビタミンCをたくさん摂取するのがおすすめです。メラニン色素の抑制がビタミンCによってなされるのです。毎日の食事だけでは中々摂り入れにくいという方は手軽に補うことのできるサプリも手軽なシミ対策と言えるでしょう。

湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、肌が薄くなることがわかっています。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これはとても薄い層がいくつも重なってできており、傷ついたり摩擦をうけることで、その薄い層が削られていくわけです。

表皮は皮膚のバリアという大切な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

そんな風に真皮が損傷をうけてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。自宅で簡単にできて、効果も期待できるシワ対策ならやはりパックでしょうか。

その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための一息つける時間です。ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

普通のプレーンタイプのヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節しお肌にのせたら少し休みましょう。

ヨーグルトの成分が美白や保湿の効果を肌に与え、冷たさで毛穴も引き締めてくれますしおそらくシワにも効果があるでしょう。

ぜひ一度お試しちょうだい。ヨーグルトを食べると、乳酸菌は持ちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。

ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける役目を担っています。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく作用もあるのです。

このような栄養素を摂ることはシミ・くすみ対策と美白に効果を果たしています。ですから、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

かつて一世を風靡したガングロが再度、流行の気配です。ファッションの流行の一つとして根付きつつあるとも思えますが、懸念されるのはお肌のシミです。それぞれ違いがあるとは思いますが、自分の中でのブーム(誰も彼もが熱中してしまうわけですが、冷めてしまうのも早いです)が終わってガングロから焼かない肌に戻ると、より多くのシミが通常の場合より目たつようです。パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

美白や保湿をしてくれる成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、透き通るような肌にしてくれるでしょう。

うっかり日に焼けてしまった時にはとても効果的で、時間が経たないうちに、ちゃんとケアをすることにより、嫌なシミを予防する事ができます。顔のシミをコンシーラーで消し去ろうとして、むしろ、シミが際立ってしまったことはありませんか?ファンデをチョイスする際は、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、シミを隠す目的でコンシーラーを選ぶ場合、お肌より明るいカラーをチョイスしたらむしろシミが目たつのです。シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、肌よりもやや暗めのカラーを選ぶのがミソです。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)もシミを造る原因の一つですけれど、様々な病気が原因の一つとして考えられるのです。もし、突発的にシミが増えた気がするのであれば、病気の前兆を意味していたり、あるいは、病気が進行している怖れがありますので、至急、病院で相談する必要がありますね。

石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、皮脂や汚れが落ちる上に、シミも薄くなってきたみたいという声がインターネットで広まっていますが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられるでしょう。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。

洗顔した後は、化粧水などでしっかりお肌を整え、潤いを補充してちょうだい。