アンチエイジングは止められない!

老化を防ぐためにアンチエイジングに励むブログ

肌に水分を送り届ける

若いうちは肌の回復力が優れています。だからといって、「私の肌はだいじょうぶみたい」なんて気楽に構えるのは危険です。

あなたが無縁だと思っているシワですが、実は20代でシワの基礎が着々とつくられているんです。

シワは紫外線や乾燥など複合要因で出来ますが、表面化しなくてもこれから影響が出てくると考えたほうが良いでしょう。

誰だって素肌の年齢には自信を持っていたいもの。

そのためには早いうち(20代)から自分の肌に合ったお手入れをすることが大切です。身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。こうして肌は弾力を失い、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。30代から40代の女の方が悩む肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。両目の下の若干頬に寄ったところにまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。女性ホルモンが肝斑に関与しているのではないかと考えられていて、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。トラネキサム酸の使用によって肝斑を治療できるというのが現在の医療の考え方で、有名な化粧品会社や製薬会社から、飲み薬が市販されています。肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、気になるシミなどの色素沈着は起こりにくいのです。

肌全体の水分が十分保たれ、潤っていると肌表面にしっかりと水分や油分を閉じ込めているので、きめ細かい肌なっているのです。しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、乾燥している肌にくらべてシミもできにくくなります。シミを防ぐためにも、肌の乾燥にはケアを怠らないでください。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てひっくり返りそうになったのです。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を形にして見せられたように感じました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。どんなに疲れて帰ってきても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌のためにできることをして、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

皺はかならずきっかけがあってつくられます。

最も手強い敵は、乾燥だと言えるでしょう。

真冬はもちろん夏でもエアコンで室内が乾燥し、肌に長期的にダメージを与えて、老化を促進させます。

真冬以外は忘れがちになりますので、スキをつくらないよう普段から潤いを補う(失わないようにする)のがポイントです。外出先の乾燥も気になるので、ミニサイズのエラートスプレーで保湿してヨレや乾燥を防ぎ、夏以降のキレイ肌を創るために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの充分な保湿を行ないましょう。メイク直し、外出先のショーウインドー。

女性が自分を見る機会は多いものです。

そこでふと、コンディションが良くない日が続いたときには、たっぷりの睡眠をとって、食生活を見直してみるのがお勧めです。少しでも体に良いものを選ぶと良いでしょう。

食べる内容が変わると肌が明るくなってきます。

表皮ではなく深いところ(真皮)が元気になるので、シミやシワにも良いでしょう。ご飯を変える効果は絶大です。

これから口に入れる食べ物のひとつひとつが肌を創ると思うと行動しやすいでしょう。生活に必須のご飯でケアできるのですから、慣れれば大きな利益が得られると思います。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大切な時間だと言う事をおぼえておきましょう。お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームでしっかりした洗顔を済ませた後の肌は、いわば、幾らでも水をすい込む砂漠のような状態にあります。短いですがとても貴重なこの時間に肌に何もしてあげないのは大変もったいなく思いますし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。

洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行ないましょう。当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。なに知ろ、この年齢になると体の疲れはなかなか消えてくれないし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線がなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ケアして眠れば翌日には疲れがとれていたと思います。

でも、38歳以降にはもう元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、疲れが残った状態がつづいてしまっているのです。肌の老化によってできてしまったシミやそばかすをわずかでも薄くできたらと思って、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を使うようにしています。

顔を洗ったアトで、指先に美容液を少し出して、気になる部分に、トントンとなじませていきます。

使用を初めてから一ヶ月くらいで悩んでいたシミ、そばかすが薄くなってきたと実感できたので、幸せな気持ちです。

シミが目立つようになってきた

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが目立つようになってきたんです。

原因はよくわかっていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。出産後、歩けるようになったコドモと、ほとんど毎日、お気にいりの公園に行ってました。子どもの身支度もするので、自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

後で必ずつけが回ってきます。若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。

シミと言えば、お肌の悩みの一つと言えます。加齢や直射日光を浴びたりすることでメラニン色素が沈着するという原因で、シミのせいで実年齢以上により上に年上の印象を与えるのです。

シミが顔にできてしまったら気になって仕方がありませんが、シミを防ぐのは毎日のスキンケアで充分可能ですし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。

日々おこなう洗顔ですが、これまではほとんど洗顔料を重要視せずに手に入れておりました。ただ、美意識の高い友達に言わせるところによれば、毎日使用するもだからこそ、譲れない何かを持っていなければならないとのことでした。

顔のツッパリや小じわが目につく私には、保湿成分が配合されたものや老化防止の効果があるものがイチオシだそうなので、探索してみようと思います。

「ポリフェノール」って聞くと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。お肌を老化させてしまう活性酸素のはたらきを抑え込み、シミの発生を抑えたり、悩んでいたシミにも美白してくれるのです。いいこと尽くしのポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、効果を発揮できる時間は3、4時間と短いのも事実です。いつも不足しないように心掛けることが大事です。

肌にダメージを与える乾燥。

秋冬や季節の変わり目は肌年齢が進みやすいので、ことさら注意しなければなりません。目の周りは持と持と代謝が低いので要注意です。シワの基になる細かいヨレが出てきたり、最近では目の周囲の炎症が悪化して眼科を受診する人も増えています。

一度こういった状態になってしまったら、あとからリカバリするのは難しいため、早めのお手入れをおすすめします。目の周囲には通常のお手入れのほかオイルトリートメントをぜひ試してみてください。肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるので自分に合ったものを使用しましょう。肌のお手入れをきちんとするかしないかで、スキンケアの効き目の大きな差が現れます。メイクがきちんと決まるかも素肌の調子の度合いで変わってくると思います。

肌の調子が良い状態で保つ為には、お手入れをちゃんとすることが基本的なことだと思います。

ニキビの起因となるものは汚れた毛穴が、炎症してしまうことです。頻繁に手で顔を触る人は気をつけておきましょう。通常手には汚れが数えきれないほどついており、その手で顔にタッチすることは顔を汚れまみれにしていることと同じと言えるでしょう。肌も加齢に伴ってシミが増えます。とは言っても、なんとか改善できる手はないかそう思うのが女心というものです。肌のシミをどうにかして消そうと私が行ったのは、最初に試したのはビタミンC誘導体、次にハイドロキノンの使用を試みましたが、それでも満足できず、現在、レチノールで落ち着いています。シミと戦おうと思うと最後は、クリニックでレーザー治療をうけるということになるのでしょう。

適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌の血行も良くなります。

酒粕のパック(主に顔の皮膚を何かで覆うことで、毛穴の汚れをとったり、血行を促進したりといった効果が得られます)はよく知られていて、くすみのない肌になるそうです。酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、水を少しずつ加えながら柔らかくし、ペーストになるまでよく混ぜます。

自分の好みの固さになるまで小麦粉を混ぜていき、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パック(主に顔の皮膚を何かで覆うことで、毛穴の汚れをとったり、血行を促進したりといった効果が得られます)です。とは言っても、日本酒が不得意な方にこのパック(主に顔の皮膚を何かで覆うことで、毛穴の汚れをとったり、血行を促進したりといった効果が得られます)は勧められません。

この頃では、オールインワン化粧品がしっかりと定着しましたね。その中でもエイジングケアのオールインワン化粧品に関しましては、努力をしているようです。

配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどのような保湿、保水に影響あるものが多く見られますが、アスタキサンチンに話題が集中していることもあり、鮮やかな赤色のエイジングケア化粧品が増え続けています。